[2018年版]タイまで1番安く行く方法は?直行便5社を比較

タイまで1番安く行く方法は?直行便5社を比較

タイまで1番安く行く方法は?直行便5社を比較してみた

タイまで1番安く行く方法東京-バンコクの路線が充実してきたので、LCCを含め東京-バンコクの直行便でどこが1番安いのか比較してみました。

東京発でタイに直行便があるのは以下の6社です。

・ANA(羽田、成田-スワンナプーム)

・JAL(羽田、成田-スワンナプーム)

・タイ航空(羽田、成田-スワンナプーム)

・タイ エアアジア(成田-ドンムアン)

・スクート(成田-ドンムアン)
※バンコク航空は実質JAL便になるため、今回の比較からは省きました。

以前デルタ航空が成田-バンコクを運行してましたが10月30日より運休。



5社比較表

今回は東京(羽田・成田)発、バンコク(スワンナプーム・ドンムアン)着で比較します。

モデルケースとして2018年10月5日往路、10月8日復路で算出してみました。

ANA JAL タイ国際航空 タイ・
エアアジアX
スクート
出発地 羽田/成田  羽田/成田  羽田/成田  成田 成田
到着地 スワンナプーム スワンナプーム スワンナプーム ドンムアン ドンムアン
運賃 80,990円〜  73,890円~  64,170円~  47,450円~ 29,950円~
支払手数料 無料 無料 無料 650円
(コンビニ払い)
800円
(クレジットカード)
1,600円
持込手荷物 10kg 10kg 7kg 7kg 10kg
受託手荷物~10kg 無料 無料  無料 3,900円 3,200円
受託手荷物~20kg   無料 無料  無料 3,900円 3,200円
 受託手荷物~30kg  ~23kg無料

~32kgまで

+6,000円

~23kg無料

~32kgまで

+10,000円

 無料 5,900円 5,120円
座席指定  無料  無料  無料 1,690円~6,900円 1,300円~3,900円
往路時刻 00:05-04:35
00:55-05:25
11:05-15:40
17:00-21:40
18:25-23:10
00:40-05:00
10:55-15:35
11:20-15:40
18:20-23:00
00:20-04:50
10:35-15:05
10:50-15:20
12:00-16:30
17:25-21:55
09:15-14:00
14:25-19:10

20:40-01:20
10:00-15:00
13:55-18:25
復路時刻 00:30-08:40
06:50-15:00
09:35-17:55
13:55-22:15

21:45-05:55
08:10-16:25
09:45-17:55
21:55-06:05
23:30-07:45
07:35-15:45
13:00-21:10
22:10-06:20
22:45-06:55
23:50-08:10
¥05:05-13:10
11:05-19:25

23:55-08:00
00:45-08:50
02:20-10:25
 予約変更 不可  不可  不可  8,250円+運賃差額 7,500円+運賃差額

最安はスクート!!受託手荷物20kg+座席指定総額45,316円

5社の中で最安だったのはスクートです。
追加で往復の受託手荷物、座席指定、決済手数料も含めた総額でも40,550円と圧倒的に安かったです。

細かい明細は以下の通りです。

基本運賃¥24,600

税金・サービス料¥5,350

受託手荷物¥6,400

座席指定料金¥2,600

支払い手数料¥1,600

合計40,550円

往復で食事を付けると+1,600円で合計42,150円になります。

受託手荷物を増やしたり、座席指定を良い席にすると金額が上がります。

結果・・最安でタイに行くならスクートがおすすめ!

値段的にスクートが1番安いということがわかりましたが、

さらにスクートはB787を機材として使っているため新しい機材で広いです。

ほとんどのLCCはA330、B737型機という中型機が主流ですが

B787は上記に比べひとまわり大きいボーイングの最新型機なのです。

(詳しく知りたい方はボーイング787のここがすごい!(ANA)を参照ください)

スクートのシートピッチはANAやJALと変わらない31インチ!!

タイにはスクートがおすすめです!!

これだけプッシュしておいて、ワタクシはスクートに乗ったことありません。

比較したときにはじめてスクートの良さを知りました。

ただ修行僧の性か・・結局スターアライアンスのANAかタイ航空を選んでしまいます。

スクートのデメリット

値段といい機材といいメリットの多いスクートですが、逆にデメリットをあげると

・帰りの時間が深夜便のみ
これは時間的な考え方にもよりますが、人によっては使い勝手悪い就航時刻かもしれません。

・使用空港はドンムアン空港
ドンムアン空港はスワンナプームより古く且つ狭いため、混む率も高いです。
スワンナプームのイミグレは待っても30分が最長ですがドンムアンで2時間近く待った記憶があります。

・ドンムアン空港にラウンジはありません
友人との旅行だったらいいのですが、一人渡航でラウンジなしで時間潰すのは個人的に結構億劫だったりします。

タイ行き各社のメリットとデメリット

ANAとJALのメリットとデメリット

・安心の日本のナショナルフラッグシップ

・日本人乗務員の搭乗

・区間マイレージの獲得

・プレミアムポイント、FLY ONポイントの獲得

・飲み物、食事付き

・時刻によっては割高

・機内食がイマイチ(個人的主観)

タイ国際航空のメリットとデメリット

・タイのナショナルフラッグシップ

・日本人乗務員の搭乗

・区間マイレージの獲得(タイ航空orスターアライアンス チケット種別による)

・飲み物、食事付き

・機内食がおいしい(個人的主観)

・ANA,JALが高い時期は安かったりする

・最安運賃だとANAマイルやPPが付与されない(マイル精算条件

エアアジアのメリットとデメリット

・東南アジアLCCの猛者

・エアアジアBIGポイントの獲得

・シートピッチが狭い

・機内で日本語は通じないと思った方が良い



 COMMENT

関連記事

7日間で10回搭乗した時の話

7日間で10回搭乗した時の話

ジェットスター解体新書

これから利用する人のために!ジェットスター解体新書

ジェットスターは揺れる?揺れない?揺れの原因と対策

ジェットスターは揺れる?揺れない?揺れの原因と対策

ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)

JAL全額出資のの新しいLCCがZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー...

ジェットスター ブリスベン-シドニー JQ815搭乗記

ジェットスター ブリスベン-シドニー JQ815搭乗記

タイ・エアアジア(XJ601)東京-バンコク搭乗記

タイ・エアアジア(XJ601)東京-バンコク搭乗記