ANA/JAL/新幹線でマイルが5倍!アメックス スカイトラベラー プレミアの全貌

ANA/JAL/新幹線でマイルが5倍!アメックス スカイトラベラー プレミアの全貌

ANA/JAL/新幹線でマイルが5倍!アメックス スカイトラベラー プレミアの全貌

スカイ・トラベラー・プレミア・カードの特徴

最大のメリットは対象航空会社での航空券購入でポイント5倍

つまり100円利用につき5マイル貯まるというクレカ界の最大還元率カード。

航空連盟 対象航空会社
スターアライアンス ANAタイ国際航空、アシアナ航空、エバー航空、オーストリア航空、シンガポール航空、スイスインターナショナルエアラインズ、スカンジナビア航空、ルフトハンザドイツ航空
ワンワールド JAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空
スカイチーム デルタ航空、アリタリア-イタリア航空、エールフランス航空、エアタヒチ ヌイ、ガルーダ・インドネシア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアライン
無所属 ヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空、スターフライヤー、フィリピン航空、エア タヒチ ヌイ、バニラエア

ワタクシの利用法は、主にタイ国際航空やブリティッシュ・エアウェイズのサーチャージでの決済。

ANA利用が5割、タイ航空が3割、その他が2割ぐらいの搭乗割合。
これまで全てANAカードで支払っていたけど、ANA以外は一般加盟店と同じ扱いなのであまりマイルが貯まらない。特にタイ国際航空さん

もちろんタイ航空もJCBと三井住友カードからクレカ発行してるけど、せっかく発行元のカードで航空券買っても還元率は一般加盟店と同じ1%(100円で1マイル)ってほぼ意味ないじゃん・・

ってことで、タイ航空やJAL航空券決済用カードという位置づけで申し込み。

NH、TG、JL…100円で5マイル貯まるから対象航空会社はスカイ・トラベラー・プレミアで買った方がマイルがザクザク貯まるので、ANAだろうがANAカード使わずこちらに集中させてます。

マイル移行先

アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」
ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」
ANA 「ANAマイレージクラブ」(※別途参加登録費5,400円が必要
エティハド航空 「エティハド ゲスト」
エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」
エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」
カタール航空「プリビレッジクラブ」
キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」
シンガポール航空 「クリスフライヤー」
スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」
タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」
チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」
デルタ航空 「スカイマイル」
フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」
ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」

マイル移行先

ANAは参加登録費(5,400円)が必要。JALへはマイル移行できない。

移行先でよく利用する航空会社があるならそっちでも良いし、参加登録費払ってANAマイルに移行させるのもありだけど、おすすめはBAマイル(ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」!!

BAマイル(ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」

BA推しの理由は、JAL便の特典航空券がJALより便利で必要マイルが少ないことが多い!

国内線は沖縄路線除くほとんどの便で片道4,500マイル。さらに空席があれば当日発見も可能で第三者名義でも予約が可能。

国際線でも、ワタクシの主要路線である東京-バンコクなんかもJAL便なのにJALマイルより必要マイル数が少ない。

 特典航空券必要マイル ANA
必要マイル数
JAL
必要マイル数
BA
必要マイル数
東京-韓国(エコノミー) 12,000-18,000 15,000 15,000
東京-韓国(ビジネス 18,000 30,000 or 36,000 18,000-30,000
東京-香港(エコノミー) 17,000-23,000 20,000 20,000
東京-香港(ビジネス 35,000-43,000 40,000 or 48,000 40,000
東京-バンコク(エコノミー) 30,000-38,000 35,000 25,000
東京-バンコク(ビジネス 55,000-63,000 60,000 or 80,000 75,000

メインカードにANAのVISAカード使ってるけど、ANAマイルはアジア圏のビジネス利用に。BAマイルはJAL国内線と東京-バンコク エコノミーってな感じで使い分けている。

スカイ・トラベラー・プレミア・カードの審査

アメックスの審査はYAHOOカードと同じ自動審査。

自動審査で結果が出ない場合は継続審査となり、継続審査に通過すれば晴れてカード発行となる。

スカイトラベラープレミア 審査

今回は自動審査で審査通過。

申し込んでちょうど10日目にカードが到着。

AMEX スカイ・トラベラー・プレミア

券面が剥がれやすいという古いレビューを見たけど、航空券決済専用だから半年経った今も封筒の中で眠っている。

スカイ・トラベラー・プレミア・カードのデメリット

年会費が高い

スカイ・トラベラー・プレミア・カードは年会費が37,800円(税込)と一般的なカードと比較すればかなり高い。

航空券年間100万決済して50,000ポイントなので、最低限年100万以上の決済がないとメリット薄いし、100円で5マイル貯まるのは200万円までなので、200万超えると100円で1マイルしか貯まらない。よって年間100~200万以内の利用層には最強カードかと。。

ANAマイル移行は年5,400円必要、JALマイル移行は不可

重複するけどANAマイルに移行するためには、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加が必要で年5,400円(税込)。
さらにANAへの移行上限は年間80,000マイルと上限。

JALへのマイル移行は不可。

円建て決済が条件

対象航空券を買う場合でも円建て決済が100円で5マイルの条件となる。

気を付けたいのが海外発券(海外発の航空券)。

ANAの海外発券であれば円表記なので問題なさそう。
タイ国際航空とかでバンコク発の東京行きの往復を買うとバーツ表記になるから、こういったケースはボーナスマイルの獲得対象外となりそう。

スカイ・トラベラー・プレミア・カードのメリット

還元率5%の最強カード

提携航空会社の利用で100円につき5マイル

還元率5%のカードなんて他にない!!

カード届いて早速ANAの国際線のKeep My Fare(1,000円払えば予約を3日間キープできる)をカードで払ってみた。

アメックス スカイ・トラベラー・プレミア・カードを使ってみた実際は航空券ってわけじゃなくて予約キープの手数料なんだけど・・1,000円で50マイル獲得しました。さらに、フライトと認識されたのか入会特典のボーナスポイントも一緒に付与されてた…。

日本旅行のJR切符やリムジンバスも対象!

100円につき5マイルは航空券の他に、日本旅行も対象

日本旅行でツアー予約はしないけど、最寄り駅から羽田や成田行きのリムジンバス予約は日本旅行で行えるから、これでも100円につき5マイル獲得できる。

日本旅行経由であればJR切符も対象となるから新幹線や特急使うケースでも100円につき5マイル獲得。

さらに、日本旅行関連の予約はハピタスを経由することでポイントの二重取りも可能。まさに至れり尽くせり。

日本旅行 ハピタスその他の特典としては、帰国後の空港から自宅までスーツケースを1個無料で配送してくれる。ANA VISAプラチナは1個500円とられる。

スカイ・トラベラー・プレミア・カードまとめ

提携航空会社で年間100万以上決済する人に特化したカード。

100万はいかないけど50万ぐらいは・・って人には還元率3%になっちゃうけど年会費10,800円でスカイ・トラベラー・カードってカードもあります。

還元率、入会・継続ボーナスポイント、保険以外では大きな違いはありません。

 



 COMMENT

関連記事

スルガ銀行ANA支店

マイルが勝手に貯まって振込手数料が10回無料のスルガ銀行ANA支店を使おう!

ANA修行でアメックス・スカイ・トラベラーは有効か検証してみた

ANA修行でアメックス・スカイ・トラベラーカードは有効か検証してみた

タイ国際航空のマイルを貯めよう!Royal Orchid Plusのすべて

タイ国際航空のマイル(Royal Orchid Plus)貯め方・使い方を徹底解...

タイ行きに毎回ANAを選ぶ理由

ANAマイルを貯めるために今すぐできる3つのこと

JALマイルをANAマイルへ交換する方法

【2019年版】JALマイルをANAマイルへ交換する方法

スカイトラベラー 対象航空会社

いまさら聞けないマイレージサービスのすべて!選び方と効率的な貯め方