【2019年版】タイバーツキャッシングでVISA・Master・JCBカードを比較してみた

海外キャッシング検証で使ったカード

【2019年版】タイバーツキャッシングでVISA・Master・JCBカードを比較してみた

セディナのカードブランドをJCBからMasterカードに切り替えたので、VISA・Master・JCBカードの3大ブランドでのキャッシングが可能となった。

せっかくなので、どのカードブランドが良いか同日・同額でタイバーツを引き出して検証してみた。

検証に使ったクレジットカード

海外キャッシング検証で使ったカード

VISA→ANA VISAプラチナ プレミアムカード

Master→セディナゴールドカード ハローキティ

JCB→地球の歩き方JCBカード

VISA(デビット)→住信SBIネット銀行デビットカード

Master(プリペイド)→JAL Global WALLET

JCB(デビット)→楽天銀行デビットカード

使ったATMは自宅の下にあるSCBのATM

SCB ATM

検証開始

検証は1枚1枚1,000バーツずつ降ろしていく暇な人間だからできる方法にて

Masterブランドを使うと必ず「DCC」表記が出た。

DCCとは引き出しの時点で為替レートを確定させる分、通常より割高なレートとなる。詳しくは以下にて

セディナカードで海外キャッシングしたらボラれた件【DDC ATMに要注意!】スワンナプーム空港で海外キャッシングしたらボラれた件
スワンナプーム空港で海外キャッシングしたらボラれた件 セディナカードを作ったので早速スワンナプーム空港に着いてすぐキャッシング...

上記レートだと1バーツ3.7636円なので0.2円ぐらい割高。

もちろんちゃんとしたレートを知りたかったので「No」を選択。

検証結果

レート 利用日 確定日 換算日 ATM
手数料
トータルコスト
(利息除く)
ANA VISA プラチナ(VISA) 3.5418 2/13 2/14 2/13 108円 3,649円
セディナゴールド(Master) 3.545 2/15 不明 0円 3,545円
地球の歩き方カード(JCB) 3.55810 2/14 2/14 0円 3,558円
住信SBIネット銀行デビットカード(VISAデビット) 3.54 2/13 2/13 779円 4,409円
楽天銀行デビットカード(JCBデビット) 3.665 2/15 不明 0円 3,665円

※JAL Global WALLETは事前両替した分の引き出しのため比較対象外

最安レートはVISAブランド

まずクレジットカードだろうがデビットカードだろうがブランド同じならレートも一緒という結果に(当たり前か・・)。しかしデビットカードはレート×海外手数料は発生するので総コストは割高傾向。

一般的には「Master」「JCB」のレートが良いと言われているけど、今回のタイバーツ調査に限っては「VISA」と「Master」レートが良かった。
VISAとJCBの差は約0.46%で、通貨によって愛称はあると思われるのであまり気にしなくても良いレベルかと。

1,000バーツだと実態がわかりずらいので20,000バーツで計算すると

2万バーツ両替時 レートだけの比較 ATM手数料含む総コスト
ANA VISA プラチナ(VISA) 70,836円 71,052円
セディナゴールド(Master) 70,900円(VISAとの差+64円) 70,900円
地球の歩き方カード(JCB) 71,162円(VISAとの差+326円) 71,162円

三井住友カードはATM手数料が発生するので、20,000バーツのトータルコストで考えるとATM手数料無料のセディナゴールドカード(Master)が最安となった。

確定日は三井住友カードが最速

カードキャッシングする際は、利用確定日の早さも重要。
なぜなら利用が確定し、利用明細に載るまでは返済ができない。しかしその間も利息は発生する。

今回の検証結果として、さすが三井住友カードさん。
使った当日にレート換算され、翌日の朝には利用明細に記載があり返済可能な状態になっていた。

VISA為替レートJCBも翌日の夜中には利用明細に記載が上がっていた。

JCBレート

デビットカードはやはりコスト高

デビットカードでの現地通貨引き出しはやはりコスト高!

楽天デビットはポイント還元分を含めると良心的だが、それでもクレジットカードキャッシングで即時返済が何より安い。

さらに気を付けたいのが住信SBIデビットカードの利用。

現地のATM手数料が満額請求されていて、この金額だとかなり割高に・・

まとめ

検証してみて、同日に引き出ししてもANA VISAカードは即日換算なのに、JCBは翌日と1日違いのレートの差異もあるので真っ当な比較が中々難しい・・。

今回の検証をまとめると

・通貨相性もあるためブランドは気にしなくても良い

・ブランドよりATM手数料無料のカードが便利

・レート確定は遅くとも利用日より3日以内のカードを選び即返済

・デビットカードはやはりコスト高でおすすめしない

次回、香港でも検証してみたい…

【完全版】海外キャッシングにおすすめのクレジットカード
海外キャッシングにおすすめのクレジットカード 海外ではクレジットカードの利用よりキャッシングの方がお得なことが多い点はこれまで...



関連記事

海外利用で還元率の高いクレジットカード

【還元率2.0%以上】海外利用で還元率の高いクレジットカード

ANA VISAプラチナカード プライオリティパスを申し込んでみた

ANA VISAプラチナカード プライオリティパスを申し込んでみた

プミポン前国王の葬儀

10月25日〜29日のタイ旅行は注意!!プミポン前国王の葬儀が行われます

JAL Global WALLETで現地通貨を引き出してみた

JAL Global WALLETのレートを徹底調査!両替方法とお得な使い方

【完全版】海外キャッシングにおすすめのクレジットカード

JALカードSuicaを申し込んでみた

JALカードSuicaを申し込んでみた