タイバーツ両替にカードキャッシングをおすすめする理由

タイバーツ両替にカードキャッシングをおすすめする理由

タイバーツ両替にカードキャッシングをおすすめする理由

タイで買い物をするには、日本で先に両替したり、現地で両替したり、クレジットカードを使ったりと様々な方法があります。

・日本でタイバーツに両替

・タイでタイバーツに両替

・クレジットカードでの買い物

・クレジットカードでのキャッシング

・デビットカードでタイバーツの引き出し

あまり意識されませんが、両替(利用)方法によって最大で10%ぐらい差が出ます。
つまり、両替方法を間違えると10%割高に買い物しているのと一緒です。

各両替(利用)法別タイバーツレート

各手数料を踏まえた上で1バーツの価値を算出すると以下の通りです。

項目 両替(利用)方法 バーツレート 割増率
2019年2月22日 みずほ銀行仲値 1バーツ=3.55
両替 日本でタイバーツに両替(トラベラックス) 4.00 12.6%
現地でタイバーツに両替(スーパーリッチ スワンナプーム空港) 3.55 0.06%
デビットカードでタイバーツを引き出す(JCB) 3.66 3.0%
ショッピング クレジットカードでショッピング(JCB) 3.61 1.6%
キャッシング クレジットカードでタイバーツをキャッシング(JCB) 3.56 0.2%

※国内両替項目は2月22日のトラベラックスのレートで掲載
※現地両替項目は2月22日のスーパーリッチ スワンナプーム空港のレートで掲載
※クレジットカードの買い物は2月22日のJCBレート×海外事務手数料1.6%で算出
※クレジットカードでキャッシングの項目はVISAレートで算出。
※デビットカード引き出し項目はJCBレート×楽天デビット手数料3.024%で算出

では上記レートで10,000円が何バーツになるかを見てみましょう。

1万円両替(利用)した際のもらえるバーツ
日本でタイバーツに両替(トラベラックス) 2,500バーツ
現地でタイバーツに両替(スーパーリッチ スワンナプーム空港) 2,815バーツ
クレジットカードで買い物(VISAレート) 2,770バーツ
クレジットカードでタイバーツをキャッシング(VISA) 2,808バーツ
デビットカードでタイバーツを引き出す(VISA) 2,732バーツ

最大で315バーツの開きがあります。日本円に直すと1,100円ぐらい。
1万円両替する(使う)だけでも、換え方で10%ぐらい違ってきます。
トラベラックスはレート高めですが、それでも国内の両替となると最安比3~10%ぐらい損です。

各両替(利用)法別メリット・デメリット

日本でタイバーツに両替

まず1番避けたいのが日本国内でのタイバーツ両替です。

良いレートでも1バーツ3.66でしたので、楽天JCBデビットと同じレートです。
であれば、楽天JCBデビットは現地通貨引き出しでも1%のポイントが付くため、国内で両替するなら楽天JCBデビットに現金入れて、現地引き出しした方がお得です。

さらに1バーツ3.66円は良心レートです。普通に両替すると3.8~4.0円程度となるため、タイでの買い物が7%~10%増しで買ってると思ってください。

現地でタイバーツに両替

レート的に最安なのは現地での両替です。

ただ両替まで日本円を持ち歩くリスクや、1バーツ3.55円レートは良心的なお店なので両替所を誤ると逆に割高になる可能性があります。

よって少額利用で事前に両替所をリサーチした上で利用するには1番ベストな選択です。

クレジットカードで買い物

海外でクレジットカードで買い物した際は、①カードブランドのレート×②海外事務手数料というものが発生します。

海外手数料は発行元によって異なり、JCBだと1.6%、三井住友カードだと1.63%と1.60%~2.50%です。

つまり10,000円の買い物でも10,160円ぐらいの請求として明細にあがってきます。

逆に還元率が1.6%(出来れば2.0%)以上あるカードなら実質コストは1番安くなります。
VISA、マスター、JCBの中で還元率が最低でも1.6%あるカードは

オリコ・ザ・ワールド(VISAかマスター)海外利用還元率2%

地球の歩き方カード(JCB)海外利用還元率2.5%

ANAゴールドカード(VISAかマスター)還元率最大1.648%

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa 海外利用還元率最大3.0%

デビットカードでタイバーツを引き出す

デビットカードで引き出す際は、カードレート×カード毎の手数料が発生します。
カードによりますが、1.6%~4.0%です。またクレジットカード同様、カードによっては海外ATM手数料が発生する場合があります。

発行元 商品名 レート 手数料 年会費 特典
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ-VISAデビット VISA円換算レート+3% 108円 初年度無料
2年目以降:1,080円
【利用】0.2%キャッシュバック
りそな銀行 りそなVisaデビットカード VISA円為替レート+2.5% 540円
1,080円
【利用】1,000円毎にりそなポイント5ポイント
住信SBI銀行 Visaデビット付キャッシュカード VISA円為替レート+2.5% 無料 無料 【利用】0.6%ポイント付与
楽天銀行 楽天銀行デビットカード 国際ブランド円換算レート+3.024% 無料 無料
1,029円
【JCB】
100円につき1ポイント
【ゴールドVISA】
1,000円につき5ポイント
【VISA】
1,000円につき2ポイント
ジャパンネット銀行 JNB Visaデビット VISA円換算レート+3.02%  無料 無料 【利用】500円につき1JNBスター
スルガ銀行 SURUGA Visaデビット VISAレート+3.00%を円換算 216円 無料 【利用】年間利用額の0.2%キャッシュバック
スルガ銀行 Financial Pass Visaデビットカード VISAレート+3.00%を円換算 216円 無料  【利用】年間利用100-200万で3,000マイル付与。200万以上で8,000マイル付与。
新生銀行  新生銀行インターナショナルキャッシュカード VISA為替レート+4%  無料  無料  
イオン銀行 イオンデビットカード  VISAorJCB為替レート+1.60%  216円 無料 【利用】200円につき1ポイント
SMBC信託銀行 バンキングカード SMBC信託銀行米ドルレート+3.00%   216円 月2,160円  
ソニー銀行  Sony Bank WALLET VISA円換算レート+1.76% 216円 無料 【利用】利用額の0.5%~2.0%をキャッシュバック(国内)

クレジットカードでタイバーツをキャッシング

1番おすすめしたいのがクレジットカードでのキャッシングです。

現地両替と違って店によってレートが違うということはないし、キャッシングに関しては海外事務手数料は発生しません。あくまで利息のみです。

各社のホームページにも明示されています。

キャッシングは10日で返せば利息0.5%

ほとんどの会社は海外キャッシングの利息が年18%にしていますが、30日で返すと1.5%です。10日で全て返済すれば約0.5%です。

つまり、早期返済前提であれば1番リスクなく且つ安くタイバーツを調達することができます。

キャッシングにおすすめのクレジットカード

2019年の2月にカードブランド毎のタイバーツレートを調査しました。

結論としてカードブランド毎のタイバーツレートは日によって良し悪しがあるため、カードブランドより「確定が早い」「ATM手数料が無料」「返済が楽」という視点で選ぶのが1番です。

確定が遅いカードは避ける

「確定が早い」というのは、基本的に海外キャッシングの返済は利用が確定し明細にあがってくるまで返済ができません。早いカードだと、翌日や翌々日に返済可能となりますが、遅いカードだと返済できるようになるまで10日以上かかるケースもあり、その間も利息が発生します。

ATM手数料に気を付けよう

気を付けたいのがATM手数料が発生するクレジットカードです。

まとめてキャッシングする分に手数料比率を抑えられるため問題ありませんが、1,000バーツだけキャッシングした場合、3,500円に対して108円~216円の手数料を払ってしまうと逆に高くつきます。

返済が楽なカードを選ぼう

ほとんどのカードはカード会社のデスクに電話して返済を旨を伝えた上で指定口座に返済金額を振り込む必要があります。仮に海外滞在中に返済が可能になっても、通話料を考えると逆に割高になってしまいます。
唯一ネットだけで返済が可能なのはセディナカードです。電話の必要はなく管理画面からペイジーで支払いができるので、海外にいる間にも返済ができてしまいます。
エポスカードもペイジー支払いができるとの情報ですが、一定のタイミングでないと返済ができないため利息が膨らむ可能性があるのと、エポスカードはATM手数料が必要なのであまりおすすめはできません。

セディナカード
海外キャッシングで1番おすすめと断言できるカード。
ATM手数料無料で返済がネット完結できるので、現地滞在中にも返済が可能。海外キャッシングに必要な条件を満たした唯一のカード。
年会費 無料
ATM手数料 無料
カードブランド VISA・Master・JCB
確定までの日数 最短3日

 

JCBカード
ATM手数料無料で金額確定までが早いのが特徴。
提携カードを除くJCB発行のカードであれば条件は一緒なので自分に合ったカードから選べるのも魅力の1つ。
年会費 無料
ATM手数料 無料
カードブランド JCB
確定までの日数 最短翌日
【完全版】海外キャッシングにおすすめのクレジットカード
海外キャッシングにおすすめのクレジットカード 海外ではクレジットカードの利用よりキャッシングの方がお得なことが多い点はこれまで...

私の利用法

私自身は基本的にはクレジットカード利用+クレジットカードキャッシングです。

最優先で使うのはクレジットカード利用です。
現在使っている地球の歩き方JCBカードは海外利用でポイント5倍(100円で2.5%)、海外事務手数料は1.6%なので使った分0.9%は還元されます。JCB使えない場合のサブカードとしてANA VISAプラチナ。こちらは1,000円で15マイル+1ポイント(還元率2.0%)で海外事務手数料は1.63%なので0.4%ぐらいは還元されます。

しかし、100%クレジットカードだけで過ごすのは無理です。(屋台とかローカルなお店はクレカ使えません。)よってタイバーツの調達はセディナカードでキャッシングを行い、明細にあがって着次第、ネットから返済しているので、利息は3.4日分程度です。

まとめ

・コスト、安全性を考えればクレジットカードキャッシングが1番良い。ただ1日でも早い返済が前提

・現地両替はコスト的に最も安いが、店によっては割高に・・

・クレジットカードを使うなら還元率1.6%以上ないと海外事務手数料負けする。
逆に2%程度のカードなら総コストは最も安くなる。

 



 COMMENT

関連記事

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較してみた!

Yahoo! JAPANカードは海外で使える?お得な利用法

Yahoo! JAPANカードは海外で使える?お得な利用法

海外利用で還元率の高いクレジットカード

【還元率2.0%以上】海外利用で還元率の高いクレジットカード

JAL Global WALLETで現地通貨を引き出してみた

JAL Global WALLETのレートを徹底調査!両替方法とお得な使い方

ANA To Me CARDを作ってみた

ANA To Me CARDを作ってみた

VISA・Master・JCBカードでキャッシングレートを比較してみた

海外でのクレジットカード手数料を徹底比較!キャッシングとショッピング利用どちらが...