SBIレミットが送金サービスを再開!復旧方法と安く送金する方法

SBIレミットの代替サービス

SBIレミットが送金サービスを再開!

SBIレミットが「インターネット送金サービス」を再開しました。

利用者にはログインパスワードが送付されています。
これまでのログインIDと送付されたパスワードでログイン後に、ログインパスワードと取引パスワードを再設定した上でメール認証を終えると従来通りに送金が可能となります。

SBIレミットが送金サービスを再開!

海外送金はトランスファーワイズ(TransferWise)がおすすめ

手数料がSBIレミットより安い

トランスファーワイズの手数料は公式には0.55~2.35%と記載されています。
通貨や送金金額によって手数料が異なりますが、例えばタイ向けの日本円→タイバーツとなると1%前後です。

トランスファーワイズがどのくらい安く送金することができるのか、20,000バーツを送金する前提で各社のレートを試算してみました。

TransferWise SBIレミット
1バーツあたりのレート 3.3356円 3.4365円
内手数料(手数料比率) 750円(1.11%) 1,480円(2.15%)
合計必要金額 67,460円 68,731円
着金日数 約1-2営業日 即日

トランスファーワイズが安いことが一目瞭然です。

何より手数料より為替レートの低さが最大のメリットといえます。

高額送金を前提に200,000バーツで試算してみると・・

TransferWise SBIレミット
内手数料(手数料比率) 6,157円(0.91%) 1,980円(0.28%)
1バーツあたりのレート 3.3356円 3.4365円
合計必要金額 673,593円 687,307円

高額送金した場合、SBIレミットは手数料自体は変わりません。
逆にトランスファーワイズは他の2行に比べ手数料が3倍以上になってしまいます。

しかし、トータルコストでみるとTransferWiseが安いです。

なぜならトランスファーワイズが為替コストに左右されないビジネスモデルであるため、無駄に為替コストを取られないからです。

法人アカウントも開設可能

トランスファーワイズは法人送金にも対応しています。

法人アカウントはトランスファーワイズにてアカウントを開設が必要です。

トランスファーワイズ(TransferWise)法人アカウント
法人登録は個人アカウントと紐付けが可能なため、個人アカウントから登録することで、ログアウトせずにアカウントの切り替えが可能です。

トランスファーワイズの送金方法

まずトランスファーワイズにてアカウントを開設する必要があります。

アカウントの開設はGoogleアカウントのIDも使えます。

次にご自身のマイナンバーカードが必要になるので手元に準備捨ておきましょう。

送金手続き

アカウント開設後、「送金する」をクリックすると送金金額の入力画面になります。

トランスファーワイズの送金方法日本円の希望送金額、タイバーツでの希望受取額、どちらでも入力可能です。

トランスファーワイズの送金方法金額を指定すると受取人を選択することができます。

既存の受取人を登録していない場合は、新たに受取人を登録しましょう。

トランスファーワイズの送金方法受取人の指定がおわれば、今度はマイナンバーカードの表・裏の両面をアップロードする必要があります。

マイナンバーのアップロードが終われば、振込金額が表示されるので、一緒に表示される指定振込先に振り込むだけです。

トランスファーワイズにて振込の確認が取れると通知がきます。

トランスファーワイズの送金方法あとは振込完了を待つだけです。

トランスファーワイズの送金完了送金完了。

今回は本人確認等で時間要しましたが、タイ向け送金の場合、大体1-3営業日内が目安です。

↓↓↓下記よりトランスファーワイズに登録いただくと、£500(約72,500円)の送金に必要な手数料が初回無料となります。↓↓↓
トランスファーワイズの公式サイトはこちら

トランスファーワイズのデメリット

着金日まで1~3営業日程度必要

SBIレミットと比較した際に、SBIレミットは送金後即座に引き出しが可能ですが、トランスファーワイズは着金まで1~3営業日かかります。(通貨等によって異なります。)

私自身タイ向け送金で使っていますが、いまのところ初回を除き入金した翌営業日迄には着金しています。

送金のために専用口座に振り込む必要がある

SBIレミットの一部送金方法でもそうですが、トランスファーワイズも送金手続き後に、必要金額をトランスファーワイズに振り込む必要があります。

振込先は三菱UFJ銀行宛ですが、お使いの銀行によっては振込手数料が発生します。

三菱UFJ銀行のネットバンキングを使えば、同行間の振込は無料となるので、三菱UFJ銀行か他行宛の振込が一定回数無料となるネット銀行を使いましょう!

■他行宛の振込が一定回数無料となる銀行

新生銀行は最低1回無料(以後308円)

住信SBIネット銀行は最低1回無料(以後154円)

GMOあおぞらネット銀行は最低1回無料(以後154円)

SBIレミットの代替として、トランスファーワイズを利用しよう!

タイ向け海外送金は他行の利用がばかばかしくなるぐらいトランスファーワイズが圧倒的に安いです。

また楽天銀行の海外送金よりは着金が早いので、今日中に着金させたい!ってケースを除いてトランスファーワイズが絶対的におすすめです!

↓↓↓下記よりトランスファーワイズに登録いただくと、£500(約72,500円)の送金に必要な手数料が初回無料となります。↓↓↓

トランスファーワイズの公式サイトはこちら



関連記事

タイのトヨタ車の価格を一覧で紹介!

ราคาของรถโตโยต้าในไทย

タイのメルセデスベンツ価格

タイでベンツを買おう…!タイのメルセデスベンツ価格を一覧で紹介

【寄付先】生存率0.1%未満…突然倒れたタイ人女性の命を救った医師たちの奇跡

【寄付先】生存率0.1%未満…突然倒れたタイ人女性の命を救った医師たちの奇跡

タイ 下痢 薬

タイで下痢になった時にオススメの薬

SBIレミット SCB銀行(サイアム商業銀行)口座宛の送金方法

SBIレミット SCB銀行(サイアム商業銀行)口座宛の送金方法

タイ向け海外送金にTransferWiseをおすすめする理由

เหตุผลที่แนะนำทรานส์เฟอร์ไวส์สำหรับการโอ...