JAL全額出資のの新しいLCCがZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)に決定!

ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)

JAL全額出資のの新しいLCCがZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)に決定!

JAL(日本航空)が全額出資する新しいLCCの社名がZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)に決定しました。
日本航空は会社更生法の適用に伴う法人税減免が19年3月期で終わり、成長のエンジンとして注力するのがLCCです。

『ZIPAIR』の名称は、英語で、矢などが素早く飛ぶ様子を表した擬態語“ZIP”から生まれた造語であり、「フライトの体感時間が短い」エアラインであることを表現しています。また、“ZIP CODE”(郵便番号)が持っている「さまざまな場所に行ける」というイメージや、デジタルファイルフォーマットの“.zip”のイメージを盛り込み、「至る所に日本人らしい創意工夫をつめて、計算し尽くされた移動体験を目指す」という想いを込めました。また、社名については、新しいエアラインのベースとなる地名であり、世界でも有数のカルチャー発信都市でもある「東京」を冠して『ZIPAIR Tokyo』としました。

JALプレスリリースより

就航路線はバンコクとソウル

就航路線は当初は「バンコク」と「ソウル」になるようです。就航機材はB787です。
運行当初は2機で始め、就航後5年で10機程度に増やす計画だそうです。

B787

欧州・北米路線の開設を期待していましたが、ETOPS運航基準では実績を積まないと洋上飛行ができないみたいです。よっていきなりは難しいようで実績を積んで基準をクリアした上で北米・欧州路線への就航を目指すようです。

ただ就航路線がバンコクとソウルって・・なんか微妙ですね。

バンコクに関しては最近ライオンエアも参入してきてエアアジア、ノックスクート、ライオンエアとLCC間の競争が激しくなってきてます。

さらにそこそこ搭乗する人たちの印象として「6時間なら、荷物預けられて食事も出るフルキャリアでいいよね。値段もそんなに変わらないし」って意見も良く聞きます。

価格設定はJALエコノミーの半分

価格設定の目安として「JALエコノミークラスの平均運賃の半分以下を目指す」とのことでしたが、バンコク路線はLCCの猛者が終結しています。

価格競争自体は顧客からすれば嬉しいですが、エアアジアは2018年12月期決算の営業利益は前期比44%減。競争激化で本国マレーシア以外は赤字転落している厳しい状況です。また東南アジアではLCCがスタンダードになっている点も否めず、単なる価格競争だけで永続的に収益を確立させるのは中々苦労が多そうです。

ビジネスクラスは設定されるのか?

ZIPAIR(ジップエア)の会見で西田社長は「クラス構成はまだ内緒」と述べていますが、「ぜひ期待してほしい」と含みを持たせています。

ハブ空港は成田空港

ハブ空港

西田社長は会見で「基本的に成田を中心にやっていこうと思っている」と述べているので当面は成田空港をハブにする考えですが、まずはとも述べているので今後の路線計画等で他のハブ空港を設定する可能性もありそうです。

成田空港のターミナルについては既に心づもりがあるようですが言明しませんでした。

JALとの連携について

成田空港といえば既に第三ターミナルで同じJALが出資するジェットスターが就航しています。

ジェットスターは既にJALのマイル提携を行っていますが、現在一緒にできることを考えているとのことで将来的にZIPAIR(ジップエア)の搭乗でJALマイルが貯まったりする可能性はありそうです。

ZIPAIR Tokyoの課題

LCCの王道路線は短距離路線を多頻度運行し、いかに多くの客を運ぶかです。

中距離路線では飛行時間が長くなるため多頻度運行が難しく、さらに航行距離の問題で機材も大型化し空席リスクも高まります。

そんな中でいかに事業を軌道に乗せていくのか・・日本航空の力量が試されるため今後のZIPAIR Tokyoの動きに目が離せません。



 COMMENT

関連記事

ジェットスターは揺れる?揺れない?揺れの原因と対策

ジェットスターは揺れる?揺れない?揺れの原因と対策

7日間で10回搭乗した時の話

7日間で10回搭乗した時の話

ジェットスター シドニー-ブリスベン JQ814搭乗記

ジェットスター シドニー-ブリスベン JQ814搭乗記

ジェットスター ブリスベン-シドニー JQ815搭乗記

ジェットスター ブリスベン-シドニー JQ815搭乗記

ジェットスター 自動チェックイン

【スクート国際線】生年月日を誤って入力し予約してしまった際の対処方

ジェットスター乗り遅れ?対処法と注意点

ジェットスター乗り遅れ?対処法と注意点