トラベラーへ最強の1枚!外貨調達ならプレスティアGLOBAL PASS

プレスティア(ANAマイレージクラブ GLOBAL PASS)

トラベラーへ最強の1枚!外貨調達ならプレスティアGLOBAL PASS

トラベラーの悩みは『いかに現地通貨を安く調達するか』

これまでデビットカードの比較、クレジットカードキャッシングなど様々な観点で比較してきました。

トラベラーや海外移住者などヘビー外貨ユーザーにおすすめなのがSMBC信託銀行(以下:プレスティア)が発行するGLOBAL PASSです。

GLOBAL PASSとは

GLOBAL PASSはプレスティアが発行するデビットカードです。

GLOBAL PASS

キャッシュバック特典付きの「GLOBAL PASS」とANAマイルがもらえる「ANAマイレージクラブ GLOBAL PASS」の2種類が発行されています。

カードブランドは「VISA」のみ。世界で最も使える場所が多いブランドです。

VISAタッチとiDにも対応しているため、対応端末のお店であればタッチするだけでスピーディーに支払いが完結します。

プレスティア GLOBAL PASSのメリット

ここまではいたって普通のデビットカードです。

しかしGLOBAL PASSにしかないサービスは多々あるのです。

①海外事務手数料無料でショッピング

海外でクレジットカード払いを行うと海外事務手数料が発生します。

デビットカードも同様です。海外事務手数料は以下の通り。

カード会社ごとの外貨取扱手数料一覧 VISA Mastercard JCB American Express Diners
三井住友VISAが発行するカード(三井住友VISA、ANA VISAカードなど) 2.00% 2.00%
三菱UFJニコスが発行するカード(MUFGカード、VIASOカードなど) 2.00% 2.00% 2.00%
JCBが発行するカード(OSカード、ANA JCBカードなど) 1.60%
楽天カードが発行するカード 1.63% 1.63% 1.60% 2.00%
セゾンカードが発行するカード 1.63% 1.63% 1.60% 2.00%
American Expressが発行するカード 2.00%
Diners(三井住友トラストクラブ)が発行するカード 1.30%
デビットカード
楽天銀行デビットカード 3.00% 3.00%
JNB Visaデビットカード 3.08%
VISA・Master・JCBカードでキャッシングレートを比較してみた海外でのクレジットカード手数料を徹底比較!キャッシングとショッピング利用どちらがお得?
海外でのクレジットカード手数料を徹底比較!キャッシングとショッピング利用どちらがお得? 海外利用時の手数料 海外利用時にかかる...

しかしGLOBAL PASSは外貨預金に利用金額分の残高があれば、手数料無料でそのまま全額引落されます。

つまり支払い通貨の残高さえあれば海外事務手数料が不要ってわけです。

仮に外貨預金の残高が足りないケースでも円預金から不足分は支払われるため、残高に不安があっても決済自体は問題なく行えます。
ただ円預金から補填した分は3%の事務手数料が発生してしまうため、GLOBAL PASSのメリットがなくなります。

②17通貨に対応!タイバーツ、シンガポールドル、中国元も

外貨預金からの支払いはソニー銀行も住信SBIネット銀行でも行っています。

GLOBAL PASSのすごいところは対応通貨が圧倒的に多いのです。

外貨預金から支払い可能な通貨数
GLOBAL PASS
(17通貨に対応)
住信SBIネット銀行
(米ドルのみ)
ソニー銀行
(10通貨に対応)
対応可能通貨 ・米ドル
・豪ドル
・ニュージーランドドル
・イギリスポンド
・カナダドル
・ユーロ
・スイスフラン
・シンガポールドル
・香港ドル
・中国元
・タイバーツ
・南アフリカランド
・トルコリラ
・メキシコペソ
・ノルウェークローネ
・スウェーデンクローナ
・デンマーククローネ
・米ドル ・米ドル
・ユーロ
・イギリスポンド
・豪ドル
・ニュージーランドドル
・カナダドル
・スイスフラン
・香港ドル
・南アフリカランド
・スウェーデンクローナ

タイバーツやシンガポールドル、中国元に対応しているのはプレスティアだけです。

③海外ATM手数料が無料

海外キャッシングや現地通貨引き出しはカードによってATM手数料が発生する場合があります。

JCBは無料のカードが多いですが、他は110円~220円。

プレスティアは海外ATM手数料が無料です。(オーナーが徴収する場合除く)

④海外ATM利用特典がある

ほとんどのクレジットカード・デビットカードはキャッシング及び現地通貨の引き出しはポイント対象外です。

数少ないポイント対象カードは楽天銀行JCBデビット、JALグローバルウォレット。

ただ楽天銀行JCBデビット海外事務手数料が高い!
JALグローバルウォレットはマイナー通貨のレートが非常に悪い!

しかし「ANAマイレージクラブ GLOBAL PASS」であれば1万円相当額あたり1マイルもらえます。しかも仲値レートでの取引も可能です。(詳細は後述)

⑤割安レートで外貨の調達・決済が可能

これまで手数料について説明しましたが次は為替レートです。

クレジットカードの場合、処理日のカードブランドレートが適用されます。

例えば2019年11月15日のブランドごとのレートはこんな感じ・・

VISA Mastercard JCB 仲値
米ドル 108.86 108.84 108.72 108.62
ユーロ 120.33 120.23 119.91 119.71
香港ドル 13.91 13.91 13.89 13.87
中国元 15.53 15.55 15.56 15.51
タイバーツ 3.61 3.61 3.61 3.60

右端にみずほ銀行が公示する売りと買いの平均値である仲値も記載しました。

仲値とかなり乖離してる通貨もありますし、さらに上記レート×海外事務手数料が実際の請求額となるため、10,000円の買い物でも仲値と比較すると10,300円ぐらい払ってなんてことも普通にあります。

これがクレジットカードで買い物した際の実態です。

キャッシングの場合は海外事務手数料がない代わりに利息が発生します。

プレスティアは仲値での取引が可能

プレスティアの外貨積立の場合、仲値での取引が可能です。

実際の適用レートは引落日の仲値で外貨の積立ができるため、クレジットカードやデビットカードのように市場レートと乖離することがありません。

さらに外貨預金の範囲内でショッピング・現地通貨引き出しどちらもできるため非常に便利です。

メジャー通貨は外貨購入、マイナー通貨は積立

逆にデメリットは外貨積立は事前に引き落とし日を設定するため、引き落とし日にたまたま円安になってしまうと不利なレートになります。

積立せずにプレスティアで外貨購入って方法もありますがマイナー通貨の場合、TTS(売り)とTTB(買い)のスプレッドが広いため逆に割高になる可能性があります。

プレスティア 外貨預金

例えばタイバーツの場合、外貨積立でこの日に引き落としであれば1バーツ3.60円。

外貨購入だと1バーツ3.68円と大分乖離してしまいます。

よって動きの遅いマイナー通貨(タイバーツなど)とかは外貨積立にして外国為替公示相場仲値で調達。メジャー通貨(ドルやユーロなど)はオーダーウォッチ(為替指値注文取引)や円高に振れたら外貨購入で調達するのが良いのかなと思っています。

プレスティア GLOBAL PASSのデメリット

では逆にプレスティアのデメリットを

①口座維持手数料が月2,000円

日本人なら口座持ってるだけで金取るのかよ!って思うかもしれませんがプレスティアが口座維持手数料が月2,000円(税抜)でかかります。

安心してください。無料となる条件もちゃんとあります。

■前月※の月間平均総取引残高の外貨部分が20万円相当額以上
■前月※の月間平均総取引残高が50万円相当額以上
■前月※末時点でローン商品のお借入れがあること(プレスティア マルチマネークレジットは除く)
■前月※最終営業日の当行所定の時点でプレスティア マルチマネークレジットのお借入があること
■前月※25日(25日が土・日・祝休日の場合は前営業日)時点でSMBC信託銀行の提携クレジットカードの会員であること
■外貨積立サービスの初回引落しがあった月の翌月以降、一定の積立がされていること

手軽なのは外貨預金。毎月行っているだけで無料の条件は満たせます。

それか20万円相当額以上の外貨預金でも大丈夫なのでハードルは高くありません。

また「PRESTIA Visa GOLD CARD」というクレジットカードを作れば口座維持手数料は無料になります。カードの年会費は10,000円(年30万円以上の利用で翌年会費無料)のため口座維持手数料払うよりカード作っちゃった方が安上がりです。

②外貨残高不足、対象外通貨は割高

冒頭で説明した通り、支払う通貨の外貨預金残高がない場合は自動的に円預金から支払われますが、その際はVISAの定める為替レートに所定×事務手数料(3.0%)が発生してしまうため、他のデビットカードと変わらなくなります。

その場合は、還元率高いクレジットカードで払った方が良いでしょう。

プレスティアの会員ランク

プレスティアには会員ランクがあります。

プレスティア会員ランク「プレスティア」、「プレスティア ゴールド」、「プレスティア ゴールドプレミアム」

まさにANAのブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドみたいな感じです。

上を目指すには月間の平均取引残高の条件を満たした上でオファーを待つ必要があります。

おもしろいのが会員ランクが上がると、GLOBAL PASSの券面も変化します。

もちろん会員ランクに応じて特典も良くなっていきます。

例えば無制限でATM手数料が無料、他行宛振込手数料が無料、海外送金まで無料と他の銀行ではあり得ないぐらいの優遇があります。

プレスティアまとめ

プレスティアはこれまで当たり前とされていた、カードブランドの割高為替レートや海外事務手数料、ATM手数料を全てなくしたカードともいえます。

逆に対象外通貨の場合はメリットがありません。

トラベラーや海外移住者は持っておくべき口座の1つだと言えます。

口座開設はインターネットの方が特典が増えるためおすすめです。

[公式]プレスティア(SMBC信託銀行)

最低預入金額を超えて預入予定がある方は、紹介コードをご入力いただくと条件達成でもれなく5,000円+抽選で旅行券5万円分が当たります。(紹介限定)

紹介コードご希望の方はお気軽にご連絡ください。

ご家族・ご友人紹介プログラム | SMBC信託銀行プレスティア

 COMMENT

関連記事

三井住友マスタークラシックカードを作ってみた

三井住友マスタークラシックカードを作ってみた

ANA JCBゴールドカード 限定デザイン(朝空色)

ANA JCBゴールドカード 限定デザイン(朝空色)

理想のクレジットカードポートフォリオ

理想のクレジットカードポートフォリオ

ANA Suicaカードを申し込んでみた

ANA Suicaカードを申し込んでみた

タイでクレジットカードを使う時に損しない方法をまとめてみた

タイでクレジットカードを使う時に損しない方法をまとめてみた

ANA VISA Suicaカードを解約

ANA VISA Suicaカードを解約。現在の保有枚数6枚