タイ人憧れの地 ミャンマー「Nyaung Oo Phee Island」に行ってきた。モルディブ並みにキレイだった!

Nyaung Oo Phee Island

タイ人憧れの地 ミャンマーNyaung Oo Phee Islandに行ってきた。

ミャンマーのNyaung Oo Phee Island(ニャウン・ウー・ピー島)というビーチに行ってきました。

ミャンマーは手つかずのビーチが有名で、アジアベストビーチに選ばれたガパリビーチは日本人にも知名度が高いです。

ガパリは有名ですが、タイ人にとって有名なのはタイからビザなし船で行けるタイ寄りのミャンマーです。今回タイ人嫁の希望でNyaung Oo Phee Islandへ。

日本人だけで行くのにはハードルが高いので、Nyaung Oo Phee Islandの旅行記として残しておきます。

Nyaung Oo Phee Islandの行き方

Nyaung Oo Phee Islandへはまずタイの国内線でラノーン県(Ranong)へ行きます。

その後、ラノーン空港からGrand Andaman Harborへ移動

そしてボートでNyaung Oo Phee Islandを目指します。

ラノーンへは飛行機で行く方法とバスで行く方法があります。

バスだと約10時間、飛行機だと約1時間半のフライトです。
ラノーン空港へはエアアジアとノックエアが就航しており、すべてドンムアン発です。

ドンムアン-ラノーン就航時刻(2018年11月時点)

05:00-06:15(エアアジア)
05:45-07:10(NOK AIR)
09:00-10:30(NOK AIR)
11:45-13:00(エアアジア)
17:05-18:30(NOK AIR)

今回はツアー会社に時間帯を指定されていたので、その時間に合うノックエアを選択。


Nyaung Oo Phee Island 旅行記 初日

当日はNH807で23:30にバンコクに着き、家で仮眠取って朝5時45分のノックエアでラノーンへ向かう旅程だったけど、こういう時に限ってANAが遅延してスワンナプーム着いたら日付変わってた。

結局寝ずにドンムアンに行くことに・・

ドンムアンへはバンコク市街から車で約1時間。
今回、早朝便で渋滞を避けられたせいか、家のあるRama9から30分ぐらいで着くことができた。
ノックエア チェックインカウンター ドンムアン

ノックエアは安いプランだと受託手荷物が有料。
今回1泊2日だけだったので、持込手荷物にまとめて空港ではチェックインのみおこなった。

ドンムアン空港 国内線
ドンムアンは国内線と国際線でターミナルが分かれています。

国内線はドンムアン空港のターミナル2(T2)

エアアジアをはじめノックエア、ライオンエアなどたくさんLCCが就航しているため、ドンムアンを経由してプーケットやチェンマイなど、タイの観光地に向かう日本人を多く見かける。

思ったより早く着けたので空港で日本価格のハンバーガー食べて搭乗。


ラノーンはタイの中でもマニアックな空港部類のため、ノックエアの就航も基本はプロペラ機の就航。

搭乗したのはボンバルディアのQ400。
ちなみにQ400はANAの地方路線でも使われている機材で大阪から秋田に出張した際に初めて乗った。


Q400は2列-2列のシート。天井が低めなので座る際は注意が必要。
離陸時にプロペラ音がうるさい以外は特段気にならない。
プロペラが上部についているので、窓から景色が綺麗に見えるという特徴がある。


ドンムアンからラノーンへは約1時間20分のフライト

ラノーン(ranong)空港
空港に到着すると本当に何もない。
ラノーン空港は設備がないため、基本的には来た飛行機はとんぼ帰りするので飛行機すら常駐していない。

空港に着いたら送迎のバンに乗り換え、Grand Andaman Harborを目指す。

Grand Andaman Harbor行きのバン
空港からGrand Andaman Harborへは車で約40分

Grand Andaman Harbor
Grand Andaman Harborに到着。
ここでタイの出国手続きをして、Nyaung Oo Phee Island行きのボートに乗り換える。

Grand Andaman Harbor イミグレーション
Grand Andaman Harborにはツアー会社のオフィスとイミグレがあるので、パスポートをあずければ手続きや出国審査はツアー会社がやってくれる。日本人は写真撮る必要があるので1度窓口に行く必要がある。

出国手続きを行いボートの時間を待つ。

Grand Andaman Harbor
イミグレーション施設の隣にはちょっとしたお土産屋やカフェが併設しているので船の時間まで時間潰すのには問題ない。
イミグレの窓口の手前にバンコクバンクのATMもある。Nyaung Oo Phee Island行きの場合、ここが最後のATMになるので必要に応じて現金を確保しておきたい。

ボートの準備ができたら声かけてくれるので、いよいよ乗船。


船は小型の高速船。全員ライフジャケット着用。

船内にはミネラルウォーターやトイレが完備されてました。

まずミャンマーの入国窓口のあるコータウン(Kawthaung)に寄りミャンマーの入国手続き。

コータウン(Kawthaung)
Grand Andaman Harborからコータウン(Kawthaung)までは10分程度。

コータウン(Kawthaung)イミグレーション
日本人は一旦船から降りてコータウンのミャンマーのイミグレに立ち寄る必要がある。ツアー会社の人が手続きしてくれるので、一緒に降りる以外は特に何もする必要なし。

イミグレの審査官:「日本人はビザいらないんだよー。50ドルもったいなかったねー。知らなかったの?」

やはりビザ不要だったか・・

多分、日本人客いないのでタイ人のツアー会社の人がミャンマーの時限措置を把握してなかったみたい。

前の人の手続きが長引いたせいか、手続き終わらずパスポートはここに預けることに。。ちょー不安。

とりあえず入国手続き自体は完了したので、これでNyaung Oo Phee Islandへ向かう。


Nyaung Oo Phee IslandまではKawthaungから1時間半ぐらい。
船酔いする人には結構きつい海路です。高速ボートで結構揺れます。
さらにモーター音もうるさいので会話がはずまずこの1時間半は結構退屈。

約1時間半耐え抜くと・・

 

宿泊者だけの空間が広がります。

Nyaung Oo Phee IslandNyaung Oo Phee Islandに到着したらレストランでチェックイン手続きし、部屋に案内される。

Nyaung Oo Phee Island hotel Nyaung Oo Phee Island hotel今回は嫁の要望でテント式の部屋。

まさにテントなので鍵はなし。(テント式以外に普通の部屋もあります。)

島にある施設は客室とレストランだけ。
レストランに簡単な売店は併設しているが必要最小限のみ。
つまり海とゆったりとした時間だけを楽しむ空間です。

Nyaung Oo Phee Island hotel食事は昼、夜、朝、昼の4食付き
バイキング形式でタイ料理が主体でした。

Nyaung Oo Phee Island hotelお願いすれば別料金でアルコールも頼めるのだけど、200バーツちょいとかなり高め。
支払いはタイバーツの他、ミャンマーの現地通貨、ドルでの支払いが可能。前述の売店やビール等注文しなければ、島自体でお金は不要なスタイル。

島ではシュノーケリングなどマリンアクティビティがあるので出来れば全部参加しておきたい。

なぜなら・・

 

Nyaung Oo Phee Island Nyaung Oo Phee Island

海が超絶キレイ!

モルディブと遜色ないです。

さらに、キレイな海を満喫するのはもちろん、wifi環境もレストランに限られてるNyaung Oo Phee Islandでは、マリンアクティビティー以外やることは寝るかお酒飲みながらのんびりするぐらいしかない。


Nyaung Oo Phee Islandの時間はタイより30分、日本より2時間30分遅い。
例えば夕食は6時半からなんだけどタイ時間だと7時、日本時間だと9時ということになる。


9時頃になるとレストランの前でショーが開かれる。

Nyaung Oo Phee Island hotel Nyaung Oo Phee Island hotel Nyaung Oo Phee Island hotel夜はとても神秘的な空間


心地よい海風でビールが一層うまい。

ただ蚊が多すぎて閉口レベルだったので、ビーチサイドで飲むのは早々に切り上げ寝た。。

Nyaung Oo Phee Island 旅行記 2日目

前日は少しどんよりした天気だったけど、この日は快晴。


朝食も昨晩同様のレストランでブッフェ形式。

コーヒーとパン(バター)が美味しく朝食を食べ過ぎてしまった。

チェックインまで時間があり、ガイドさんの誘いで島の反対側でシュノーケリング。

残念ながら携帯をボートに置きっぱなしにしていたので、海中をお伝えできないのが残念。

 

その後、ホテルに戻りシャワーを浴びてチェックアウト。

タイに戻るボートの出発まで時間があったので昼食をいただいてからNyaung Oo Phee Islandに別れをつげる。

Nyaung Oo Phee Island
帰りは行き同様、コータウン(Kawthaung)に寄り出国手続き。
パスポートが無事に戻ってきて一安心。そしてタイに再入国。

最後の最後で予定より問題発生。

ラノーンに着くのが早すぎた。
途中バンの運転手さんにお土産物屋によってもらったりしたけど、出発4時前に空港に着いてしまった。

ラノーン空港 ノックエアカウンター
羽田とか日本の国内空港なら4時間の待ち時間をつぶすのは苦ではない。
しかし、ラノーン空港はまずキツイ・・
なぜなら売店もないし、歩いて行ける距離にコンビニすらない。唯一あるカフェは到着便が来る時間帯しか開いていない。。仕方なく空港にあるベンチでひたすら4時間時間潰した。

ラノーン空港帰りは機材変更になったのかB737だった。こうして無事帰路へ・・

Nyaung Oo Phee Islandは嫁に言われるまでは存在すら知らなかった。当初はミャンマーということでガパリに行く予定だったぐらい。
日本人からしたら不便な地かもしれないけど、海がキレイだった以上にほとんど日本人が行ったことのない島に行く経験ができたのが1番貴重な体験だった。

時間見つけてタイ界隈の離島めぐりもいいなー!と思いに浸りながらドンムアン空港に到着。

Nyaung Oo Phee Island ツアー代金

ツアー代金(ホテル、食事(4食)、ボート込)6500バーツ/1人

ノックエア(ドンムアン-ラノーン)3,598バーツ/1人

バン(ラノーン-Grand Andaman Harbor)900バーツ/1台

合計10,998バーツ(約37,393円/1人)

1泊2日って考えると高めに感じますが、タイから4万弱でモルディブに匹敵する海を堪能できるって考えるとリーズナブルです。
ノックエアはちょこちょこセールやっていますので、タイミングみて予約するともっと安く買えます。

https://www.nyaungoopheeresort.com/



タイ旅行のおすすめ記事
スワンナプーム空港の優先レーン(ファーストトラック)を合法的に利用する方法!スワンナプーム空港の優先レーン(ファーストトラック)は合法的に購入できる!
スワンナプーム空港の優先レーン(ファーストトラック)は合法的に購入できる! タイ・スワンナプーム空港は到着便が重なる時間帯のイ...
タイバーツ両替にカードキャッシングをおすすめする理由タイバーツの両替方法のおすすめはこれ!5種類の両替方法を徹底比較
タイバーツの両替方法のおすすめはこれ!5種類の両替方法を徹底比較 上昇トレンドのタイバーツの現状 タイバーツって上昇トレンドを描...
タイ 下痢 薬タイでの下痢。おススメの下痢止めはウルトラカーボン!
タイでの下痢。おススメの下痢止めはウルトラカーボン! 年末年始の旅行先のシュリムアップで急激な腹痛と下痢に見舞われました。 ...
スワンナプーム空港でプリペイドSIMを買ってみたタイのSIMは日本で買おう!空港と日本での購入方法
タイのSIMは日本で買おう!空港と日本での購入方法 タイの現地SIMは空港より日本の方が安くて便利。 SIMというと現地の空港着いてか...
タイでクレジットカードを使う時に損しない方法をまとめてみたタイでクレジットカードを使う時に損しない方法をまとめてみた
タイでクレジットカードを使う際に損しない方法 以前ダブルツリーヒルトンスクンビットに泊まった時のことです。 ホテル内のATMを利...

関連記事

関連記事がありません。