タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較してみた!

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較してみた!

以前、現地通貨引き出しにお得なデビットカードの比較をしました。

しかし通貨によって使い勝手の良し悪しがあるため、今回タイバーツというくくりでデビットカードを比較してみました。

比較条件は以下の通りです。

・タイのほとんどのATMで1回の引き出し上限である20,000バーツと仮定

・2018年9月21日のVISAレート及びJCBレートにて算出

・必要な日本円は上記レート×海外事務手数料∔ATM手数料

※実際の9/21のVISAレートは1バーツ3.4867円、JCBレートは3.49円です。

※JCBレートは小数点第3位以下を切り捨てているため恐らくVISAとJCBのレートの差は僅かだと思われます。

現地通貨が引き出せるキャッシュカード比較

カード名 基準レート ATM手数料 年会費 2万バーツ両替時の参考コスト 備考
三菱UFJ-VISAデビット VISA基準レート
×3.0%
108円 1,080円 71,935円
三菱UFJ-JCBデビット JCB基準レート×3.0%+1.6%(JCBが指定した料率) 108円 1,080円 ~73,118円
りそなデビットカード VISA基準レート
×2.5%
不明 無料 71,478円
りそなデビットカード(JMB) VISA基準レート
×2.5%
不明 1,080円
(初年度無料)
71,478円
住信SBIネット銀行Visaデビット VISA基準レート
×2.5%
無料 無料 71,478円
楽天銀行デビットカード(VISA) VISA基準レート
×3.024%
無料 2,160円or
5,400円
71,844円
楽天銀行デビットカード(JCB) JCB基準レート
×3.024%
無料 無料 71,910円 ※1%
ポイントバック
JNB Visaデビット VISA基準レート
×3.02%
無料 無料 71,841円
みずほJCBデビット JCB基準レート
×3.4%
1,080円
(初年度無料)
(条件付き無料)
※国内外
引き出し不可
SMBCデビット VISA基準レート
×3.0%
108円 無料 71,935円
Sony Bank WALLET VISA基準レート
×1.76%
216円 無料 71,178円
イオンデビットカード(VISA) JCB基準レート
×1.6%
216円 無料 71,066円
イオンデビットカード(JCB) JCB基準レート
×1.6%
216円 無料 70,916円
セブン銀行デビット JCB基準レート
×3.0%
108円 無料 72,002円
SURUGA Visaデビット VISA基準レート
×3.0%
216円 無料 72,043円
GMOあおぞらネット銀行デビット VISA基準レート
×3.02%
不明 無料 71,841円
新生銀行 VISA基準レート
×4.00%
無料 無料 72,524円 ※2018年12月8日にて取扱終了→プリペイドカードGAICAに移行
SMBC信託銀行 VISA基準レート
×3.0%
実質無料 口座維持手数料
月額2,160円
71,827円

最もお得なのはイオンデビットカード

20,000バーツの調達でもっともお得だったのは「イオンデビットカード」でした。

冒頭の通りJCBレートが小数点第3位以下を切り捨ててのため、実際のVISAとJCBのレートは気にならない程度だと思われるので「イオンデビットカード」であればどちらのブランドでも大差はなさそうです。

次にお得だったのはソニー銀行の「Sony Bank WALLET」です。

「イオンデビットカード」「Sony Bank WALLET」ともに手数料が1%台のためお得に現地通貨の調達ができます。

注意点は「イオンデビットカード」「Sony Bank WALLET」ともにATM手数料が216円と他より高いため、引き出し金額が少ないとATM手数料の割合が高くなり、優位性が薄れます。

楽天銀行JCBデビットも実はお得・・!

通常海外のATM利用分はポイント対象にはなりませんが、なぜか楽天デビットだけポイント対象となります。

楽天デビット 現地通貨引き出し ポイント利用した分の1%が楽天スーパーポイントとして返ってくるため、実質必要金額は「71,212円」と解釈することもできます。その場合「Sony Bank WALLET」の差は約35円だけです。

さらに楽天銀行JCBデビットは海外ATM手数料が無料なため、少額になればなるほど楽天銀行JCBデビットの方がお得になります。

※楽天銀行VISAデビットは年会費が高額なため、おすすめしません。

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードをまとめ

デビットカードは「イオン」「ソニー」「楽天」から選ぼう!

今回の20,000バーツの引き出し比較では「イオンデビットカード」「Sony Bank WALLET」がお得でした。

しかし、ATM利用分が唯一1%ポイントバックされる楽天銀行JCBデビットも実質コストやATM手数料を考えるとアリです。

それ以外のデビットカードはほとんど手数料が3%前後です。

よって、手数料が割高である「三菱UFJ-JCBデビット」「新生銀行」、ATM手数料も高めな「SURUGA Visaデビット」の3枚を避ければ、他は大体同じような条件です。

イオンデビットカード 公式ページ

Sony Bank WALLET 公式ページ

楽天銀行デビットカード 公式ページ

理想はカードキャッシングの即時返済

今回はデビットカードで比較しましたが、本当にコストを抑えたいのであればクレジットカードの海外キャッシングがおすすめです。

なぜなら、利息以外の手数料がかからないからです。

つまり、即時返済を行えばかなり低いコストで現地通貨を調達できます。

 



関連記事

セディナカードで海外キャッシングしたらボラれた件

【DDC ATMに要注意!】スワンナプーム空港で海外キャッシングしたらボラれた件

【改悪】三井住友カード、ポケットカード(VISA)での外貨ショッピング事務処理費...

【完全版】海外キャッシングにおすすめのクレジットカード

海外利用でポイント5倍!!地球の歩き方 JCBカードを作ってみた

海外とAmazonでポイント5倍!!地球の歩き方 JCBカードを作ってみた

ANA To Me CARDを作ってみた

ANA To Me CARDを作ってみた

タイバーツ両替にカードキャッシングをおすすめする理由

タイバーツ両替にカードキャッシングをおすすめする理由