【DDC ATMに要注意!】スワンナプーム空港で海外キャッシングしたらボラれた件

セディナカードで海外キャッシングしたらボラれた件

スワンナプーム空港で海外キャッシングしたらボラれた件

セディナカードを作ったので早速スワンナプーム空港に着いてすぐキャッシングしてみました。

後日OMC Plusで明細確認すると8,000バーツで29,257円。

セディナカード キャッシング明細
つまり1バーツあたり3.65円・・ん?なぜか高くないか・・

同日のクレジットカードのレートで1バーツ3.45円。

クレジットカードでの海外の買い物は当日のVISAレート×海外事務手数料1.63%乗った数字なので、それよりも高い!!



原因はおそらくDDCのATMに引っかかった

おそらく原因はDDCのATMを知らずに使ってしまったことかと。

つまりカードってより、ボッタくりATMに引っかかってしまったということです。

別記事で紹介しましたが、海外ATMではDDCという、レートを今確定してあげるからその分割高レートになるよーって仕組みが存在します。

今回の利用明細を見ると、USD(ドル)レートが記載されてしまっています。

通常ATMの利用明細にレートが乗ることはないです。
要は利用があったのを確認してカード会社がタイバーツでのレートを確定するため、その時までレートは本来わからないものです。

逆に日本円レートなど割高なレートで請求される際は、利用時にレートがわかるので、おそらく「DCC」のATMに引っかかった可能性大です。

8,000バーツで2,000円も損しました…!

ただ明細に手数料220バーツの表記がありましたが、手数料は一切請求されていません。さすがセディナカード!!

DDC ATMの対処法

これまでのDDC ATMは“日本円レートならこの金額だよ?日本円レートで両替する?”的な選択肢がありましたが、今回は全く選べずUSDレートで勝手に両替されちゃいました。

今回のケースだと、はっきり言って対処のしようがないですね。

空港のATMがダメなのか、今回のATMがたまたまダメなのか、カシコン銀行のATMがダメなのか・・調査してみます。

もし海外のATMで、日本円の表記が出てきたら
日本円レートを選択してしまうと割高レートになってしまうため、選択しないようにしてください。

VISA・Master・JCBカードでキャッシングレートを比較してみた海外でのクレジットカード手数料を徹底比較!キャッシングとショッピング利用どちらがお得?
海外でのクレジットカード手数料を徹底比較!キャッシングとショッピング利用どちらがお得? 海外利用時のクレジットカード手数料 海...


関連記事

タイ向け海外送金にTransferWiseをおすすめする理由

タイへの海外送金はワイズが1番お得!使い方・メリット・デメリットを徹底解説!

【完全版】海外キャッシングにおすすめのクレジットカード

一番お得な海外で現地通貨が引き出せるキャッシュカード

海外で現地通貨が引き出せるキャッシュカード(デビットカード)を比較してみた

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較してみた!

ANA JCBゴールドカード 限定デザイン(朝空色)

ANA JCBゴールドカード 限定デザイン(朝空色)

タイ向け海外送金にTransferWiseをおすすめする理由

เหตุผลที่แนะนำทรานส์เฟอร์ไวส์สำหรับการโอ...