三井住友マスタークラシックカードを作ってみた

三井住友マスタークラシックカードを作ってみた

三井住友マスタークラシックカードを作ってみた

クレジットカードを海外で利用すると、ブランド独自のレートで為替計算されます。
そのレートだけで考えると、マスターカードとJCBがレートが比較的良いです。

しかしJCBだと使えない店もあるため、三井住友マスタークラシックカードを作ってみました。

三井住友マスタークラシックカード発行までの流れ

4/13 ハピタス経由で申込(マスターカードは成果対象外のようです)

 

4/18審査結果のお知らせ(三井住友連チャンだったため審査に時間かかりました)

 

4/22カード到着

三井住友マスタークラシックカード

非常にシンプルなデザインでノーマルカードでも十分かっこいいです!

 

3月にプラチナ発行、4月にANA Suica作ったため枠がかなりしょっぱいです。

ANA Suicaと利用枠チェンジできないか打診してみます。

 

冒頭の通り、海外手数料がマスターカードは安いためマスターカードを選択しましたが、三井住友クラシックカードの入会キャンペーンは対象がVISAカードなのです。マスターカードは対象外です。

ワタクシのようにレートが良いマスターカードが欲しい!って方以外はブランドはVISAを選択した方が良いです。



 COMMENT

関連記事

現在のクレジットカードポートフォリオ

現在のクレジットカードポートフォリオ

為替レートデータ

【2019年8月】VISA・Master・JCBカードの為替レートデータ

ANA Suicaカードを申し込んでみた

ANA Suicaカードを申し込んでみた

リクルートカードプラスを解約

リクルートカードプラスを解約

タイバーツ両替にカードキャッシングをおすすめする理由

タイバーツの両替方法のおすすめはこれ!5種類の両替方法を徹底比較

【改悪】三井住友カード、ポケットカード(VISA)での外貨ショッピング事務処理費...