コンラッドモルディブ 水上ヴィラ 宿泊レビュー

コンラッドモルディブ 水上ヴィラ 宿泊レビュー

コンラッドモルディブ 水上ヴィラ 宿泊レビュー

コンラッドモルディブでは水上ヴィラに宿泊。

コンラッドの部屋タイプを大きく分けると

・ビーチヴィラ(1泊約$500~)
・デラックスビーチヴィラ(1泊約$700~)
・リトリートウォーターヴィラ(1泊約$800~)
・ファミリーウォーターヴィラ(1泊約$1,000~)
・プレミアウォーターヴィラ(1泊約$1,300~)
・ビーチスイート(1泊約$1,900~)
・サンセットウォーターヴィラ(1泊約$2,500~)

ウォーターヴィラと付く部屋が、海の上に面した部屋になるみたい。

今回はウォーターヴィラで予約。
ヒルトンのDIAパワーでアップグレードを期待したけど、残念ながらアップグレードには至らず・・。

コンラッド モルディブ ウォーターヴィラ客室

今回宿泊した部屋は315号室。地図の左上辺りの部屋。
メインレセプションのある島の反対側に位置してる。

コンラッドモルディブマップ
ウォーターヴィラの客室。急な雨に備えてか、各部屋に傘も用意されていた。

コンラッドモルディブ 水上ヴィラ
コンラッドモルディブ 水上ヴィラ
コンラッドモルディブ 水上ヴィラ水上ヴィラのベッドルーム

コンラッドモルディブ 水上ヴィラ ベッドルーム
コンラッドモルディブ 水上ヴィラバスルーム(反対側にシャワールームもある)

バスルーム
洗面台
ネスプレッソ
冷蔵庫。有料だけど売店とかない分中身が豊富。
冷蔵庫
プール部屋のプール付きバルコニー

プールは温水のジャグジー付き。夜はライトアップもできる

デッキの左側に階段があって、そのまま海に直通

海から見た部屋

部屋の中にいても泳ぐ魚が見れる

部屋選びのポイント

ビーチヴィラとウォーターヴィラは1泊あたり1.5倍違うけど、

初モルディブならウォーターヴィラがおすすめ

モルディブは泳ぐか食うか寝るか、と時間の流れを楽しむ場所だから長く居る部屋にはお金かけた方が良いと今回の滞在で感じた。

今回の滞在で学んだこと

コンラッドの滞在だけなら現金は$30あれば十分

実際モルディブに持っていった現金は前々日に大黒屋で両替した10,000円($80ちょい)のみ。
コンラッド内は全てルームナンバーを告げて、部屋付精算(クレジットカード可)となるため、財布を持ち歩く必要すらない。チップで計15ドルぐらいしか現金使ってない。帰りの空港でもカードが使えるため、唯一搭乗口前でシェイクを買って$4払った程度。
ただ決済額が大きくなるため、磁気不良リスクを考えて、クレジットカードは2枚以上あった方が安心。

日本人スタッフがいる

日本人スタッフがいました。チェックイン時にでもモバイルナンバーを教えてもらえば、部屋の電話から4桁のモバイルナンバーを押すだけで日本人スタッフに直接つながるため、わざわざコンシェルジュに電話して日本人を呼び出してもらう必要がない。

もちろんコンビニはない

コンビニはないけどお土産屋で必需品は最低限売っていた。(こちらも部屋付け払い)出来れば必需品は事前に日本から持参した方が無難。

ATMもない

島にATMもないけど、レセプションでの両替は可能だけど相応のレートは覚悟しておいた方がいいかと・・。もし現地着いて両替するならマレ空港のATMが最後。

現金使わないから最低限のドルあれば十分だけど、もし必要なら国内で準備して行った方が確実。

コンラッドモルディブのお得な予約方法

航空券セットの場合はツアーが圧倒的に安い・・

モルディブ特集

今回の僕のように航空券とホテル予約は個々で取る場合は直接予約が一番安いと思われます。



 COMMENT

関連記事

ヒルトン東京ベイ ハッピーマジックルーム宿泊レビュー

ヒルトン東京ベイ ハッピーマジックルーム宿泊レビュー

コンラッド バンコク宿泊レビュー

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)キングベッドデラックスコーナ...

コンラッドモルディブ水中レストランITHAA(イター)

コンラッドモルディブ水中レストランITHAA(イター)

ダブルツリー by ヒルトン那覇

ダブルツリー by ヒルトン那覇に泊まってみた!旭橋駅ほぼ直結

ヒルトンHONORS 会員カードを郵送依頼する方法

ヒルトンHONORS 会員カードを郵送依頼する方法

コンラッド モルディブ 旅行記

コンラッド モルディブ 旅行記(ホテルの仕組みとかかった費用)