タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較してみた!

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードを比較してみた!

以前、現地通貨引き出しにお得なデビットカードの比較をしました。

しかし通貨によって使い勝手の良し悪しがあるため、今回タイバーツというくくりでデビットカードを比較してみました。

比較条件は以下の通りです。

・タイのほとんどのATMで1回の引き出し上限である20,000バーツと仮定

・2018年9月21日のVISAレート及びJCBレートにて算出

・必要な日本円は上記レート×海外事務手数料∔ATM手数料

※実際の9/21のVISAレートは1バーツ3.4867円、JCBレートは3.49円です。

※JCBレートは小数点第3位以下を切り捨てているため恐らくVISAとJCBのレートの差は僅かだと思われます。

現地通貨が引き出せるキャッシュカード比較

カード名 基準レート ATM手数料 年会費 2万バーツ両替時の参考コスト 備考
三菱UFJ-VISAデビット VISA基準レート
×3.0%
108円 1,080円 71,935円
三菱UFJ-JCBデビット JCB基準レート×3.0%+1.6%(JCBが指定した料率) 108円 1,080円 ~73,118円
りそなデビットカード VISA基準レート
×2.5%
不明 無料 71,478円
りそなデビットカード(JMB) VISA基準レート
×2.5%
不明 1,080円
(初年度無料)
71,478円
住信SBIネット銀行Visaデビット VISA基準レート
×2.5%
無料 無料 71,478円
楽天銀行デビットカード(VISA) VISA基準レート
×3.024%
無料 2,160円or
5,400円
71,844円
楽天銀行デビットカード(JCB) JCB基準レート
×3.024%
無料 無料 71,910円 ※1%
ポイントバック
JNB Visaデビット VISA基準レート
×3.02%
無料 無料 71,841円
みずほJCBデビット JCB基準レート
×3.4%
1,080円
(初年度無料)
(条件付き無料)
※国内外
引き出し不可
SMBCデビット VISA基準レート
×3.0%
108円 無料 71,935円
Sony Bank WALLET VISA基準レート
×1.76%
216円 無料 71,178円
イオンデビットカード(VISA) JCB基準レート
×1.6%
216円 無料 71,066円
イオンデビットカード(JCB) JCB基準レート
×1.6%
216円 無料 70,916円
セブン銀行デビット JCB基準レート
×3.0%
108円 無料 72,002円
SURUGA Visaデビット VISA基準レート
×3.0%
216円 無料 72,043円
GMOあおぞらネット銀行デビット VISA基準レート
×3.02%
不明 無料 71,841円
新生銀行 VISA基準レート
×4.00%
無料 無料 72,524円 ※2018年12月8日にて取扱終了→プリペイドカードGAICAに移行
SMBC信託銀行 VISA基準レート
×3.0%
実質無料 口座維持手数料
月額2,160円
71,827円

最もお得なのはイオンデビットカード

20,000バーツの調達でもっともお得だったのは「イオンデビットカード」でした。

冒頭の通りJCBレートが小数点第3位以下を切り捨ててのため、実際のVISAとJCBのレートは気にならない程度だと思われるので「イオンデビットカード」であればどちらのブランドでも大差はなさそうです。

次にお得だったのはソニー銀行の「Sony Bank WALLET」です。

「イオンデビットカード」「Sony Bank WALLET」ともに手数料が1%台のためお得に現地通貨の調達ができます。

注意点は「イオンデビットカード」「Sony Bank WALLET」ともにATM手数料が216円と他より高いため、引き出し金額が少ないとATM手数料の割合が高くなり、優位性が薄れます。

楽天銀行JCBデビットも実はお得・・!

通常海外のATM利用分はポイント対象にはなりませんが、なぜか楽天デビットだけポイント対象となります。

楽天デビット 現地通貨引き出し ポイント利用した分の1%が楽天スーパーポイントとして返ってくるため、実質必要金額は「71,212円」と解釈することもできます。その場合「Sony Bank WALLET」の差は約35円だけです。

さらに楽天銀行JCBデビットは海外ATM手数料が無料なため、少額になればなるほど楽天銀行JCBデビットの方がお得になります。

※楽天銀行VISAデビットは年会費が高額なため、おすすめしません。

タイでお得に現地通貨が引き出せるデビットカードをまとめ

デビットカードは「イオン」「ソニー」「楽天」から選ぼう!

今回の20,000バーツの引き出し比較では「イオンデビットカード」「Sony Bank WALLET」がお得でした。

しかし、ATM利用分が唯一1%ポイントバックされる楽天銀行JCBデビットも実質コストやATM手数料を考えるとアリです。

それ以外のデビットカードはほとんど手数料が3%前後です。

よって、手数料が割高である「三菱UFJ-JCBデビット」「新生銀行」、ATM手数料も高めな「SURUGA Visaデビット」の3枚を避ければ、他は大体同じような条件です。

イオンデビットカード 公式ページ

Sony Bank WALLET 公式ページ

楽天銀行デビットカード 公式ページ

理想はカードキャッシングの即時返済

今回はデビットカードで比較しましたが、本当にコストを抑えたいのであればクレジットカードの海外キャッシングがおすすめです。

なぜなら、利息以外の手数料がかからないからです。

つまり、即時返済を行えばかなり低いコストで現地通貨を調達できます。

 



タイ旅行のおすすめ記事
スワンナプーム空港の優先レーン(ファーストトラック)を合法的に利用する方法!スワンナプーム空港の優先レーン(ファーストトラック)は合法的に購入できる!
スワンナプーム空港の優先レーン(ファーストトラック)は合法的に購入できる! タイ・スワンナプーム空港は到着便が重なる時間帯のイ...
タイバーツ両替にカードキャッシングをおすすめする理由タイバーツの両替方法のおすすめはこれ!5種類の両替方法を徹底比較
タイバーツの両替方法のおすすめはこれ!5種類の両替方法を徹底比較 上昇トレンドのタイバーツの現状 タイバーツって上昇トレンドを描...
タイ 下痢 薬タイでの下痢。おススメの下痢止めはウルトラカーボン!
タイでの下痢。おススメの下痢止めはウルトラカーボン! 年末年始の旅行先のシュリムアップで急激な腹痛と下痢に見舞われました。 ...
バンコクにあるIHG系ホテル【完全版】バンコクにあるIHG系ホテルを全てまとめてみた!
バンコクにあるIHG系ホテルを全てまとめてみた! バンコクはIHG系のホテルが密集しているため、IHG会員には最高の環境です。 しかし...
スワンナプーム空港でプリペイドSIMを買ってみたタイのSIMは日本で買おう!空港と日本での購入方法
タイのSIMは日本で買おう!空港と日本での購入方法 タイの現地SIMは空港より日本の方が安くて便利。 SIMというと現地の空港着いてか...
タイでクレジットカードを使う時に損しない方法をまとめてみたタイでクレジットカードを使う時に損しない方法をまとめてみた
タイでクレジットカードを使う際に損しない方法 以前ダブルツリーヒルトンスクンビットに泊まった時のことです。 ホテル内のATMを利...

関連記事

ANA VISAプラチナ プレミアムカードを使ってみた感想

【体験談】ANA VISAプラチナ プレミアムカード 人生これ1枚

ANA VISA ゴールドとプラチナを比較してみた

プラチナのメリットは?ANA VISA ゴールドとプラチナを比較してみた

ANA JCBゴールドカード 限定デザイン(朝空色)

ANA JCBゴールドカード 限定デザイン(朝空色)

海外利用でポイント5倍!!地球の歩き方 JCBカードを作ってみた

海外とAmazonでポイント5倍!!地球の歩き方 JCBカードを作ってみた

【改悪】三井住友カード、ポケットカード(VISA)での外貨ショッピング事務処理費...

セディナカードで海外キャッシングしたらボラれた件

【DDC ATMに要注意!】スワンナプーム空港で海外キャッシングしたらボラれた件